近年、行政が行った情報発信で最も上手くいったものは何だと思いますか?

メリットが行動を起こす2
僕は警察が行った飲酒運転と酒気帯び運転の厳罰化だと思っています。

少し前までは、田舎の飲み屋さんには広大な駐車場があり、多くの方がクルマで飲みに行かれていました。昔は運転代行サービスなんてなかったのに、一体どうやって皆さん帰られたんでしょうかね?(わかりますよね)

警察が飲酒運転と酒気帯び運転の罰金を高くするなど厳罰化を行い、それを徹底的にPRされた結果、昔は存在しなかった運転代行サービスが日本中で商売として成り立ち、上司からお酒をすすめられても、「すいません、今日はクルマなのでノンアルで」なんて言いながらお酒を断ることができるようになりました。昔だったら上司の酒を断るなんてできなかったですよね。

昔から飲酒運転も酒気帯び運転も絶対にやってはいけない行為だったのは変わりせんが、その罰金額を高くするだけで、ある意味文化まで変わったのです。

残念なことに、飲酒運転や酒気帯び運転がゼロになったわけではないのが残念ではありますが...
警察が行った飲酒運転や酒気帯び運転の厳罰化は強いデメリットを市民に提示することに大成功した例と言えるんじゃないでしょうか